銀行などでよく見かけるフリーローンとカードローンの違いはどこか

銀行の金融サービスに目を通していると、住宅ローンや教育ローンとは別に、フリーローンと呼ばれているものがあります。フリーローンという言葉から推測がつくでしょうが、金融会社からお金を借りる時、使い道を決めて借りるのではなく、借りてから何に使うかを選べるお金が借りられます。基本的に自由に使えるものであるため、例えば自動車ローンに通らなかったけれど資金がほしいと思った時などにも活用することが可能です。一見すると、フリーローンは、カードローンとほとんど同じもののようにも見えます。カードローンと、フリーローンを比較した時に、違うところは、一度借りたら、次にいつ借りられるかという点です。フリーローンでは、一回の融資を前提にして審査を受けますが、カードローンは貸しつけ上限金額までいつでも借りられます。また借りたいという時は、フリーローンでは新しく申し込み手続を行い、審査でOKをもらわなければなりません。このほか、フリーローンはカードローンで使うようなカードはないので、ATMから自分で操作をして返済をする形になります。返済方法も口座引落に限られることなど、自由度は低めであるといっても良いでしょう。ただし、フリーローンなら、カードローンより低い金利で融資を受けられることが多いので、単発の融資で構わない人に適しています。フリーローン融資を行っている銀行の中には、フリーといいつつ使い道に条件がつくことがあります。既に買いたいものが決まっていて、不足分の補てんにローンを利用したいという場合は、フリーローンがぴったりです。鍵開け

カテゴリー: 未分類